AGAと睡眠

私たちの体を健康に保つためには、睡眠を確保することはとても大事です。ただし一日の中でいつ寝てもいいというわけではありません。なぜなら私たちの体に必要な成長ホルモンが分泌される時間帯が決まっているからです。その時間帯に良質な睡眠をとることで私たちの体は回復し成長していきます。もし睡眠不足や不規則な生活をしていると、髪の成長に大きな影響があり薄毛になってしまいます。

それでは睡眠不足がなぜ薄毛につながるのでしょうか。私たちの体は一日動くことで疲労が蓄積しています。その疲労を回復するために行うのが睡眠です。そして細胞の成長が最も活発になるのは、成長ホルモンが分泌しているときです。成長ホルモンは起きているときよりも寝ているときのほうが、圧倒的に分泌量が高まります。そのため成長ホルモンの分泌量が増える夜10時から夜中の2時に良質な睡眠をとることが髪の成長にもつながります。

特に成長ホルモンは綿地たちが生きていく中で必要な内臓や筋肉などを優先的に回復させ成長させていきます。髪は体の末端にあるもので最悪なくてもいいものなので、優先順位から外れています。そのため良質な睡眠をしっかり確保しなければ、成長ホルモン分泌が不十分となり髪を育てることができなくなります。睡眠が不規則な人は成長ホルモンの分泌する時間帯にはしっかり睡眠を確保しましょう。