AGAと喫煙

毎日の生活習慣の中で体に悪いものだと思っていてもやめられないものもあります。その一つとして挙げられているのがたばこです。たばこは私たちの体に悪影響を与えていると誰もがわかっています。体の内臓などに悪影響をもたらすイメージが強いですが、実はAGAとも深い関係があります。そのためAGAを予防するためには禁煙をすることがおすすめです。

AGAの原因としてよく問題となるのがDHTという成分の抑制です。このDHTが発毛を抑制する成分といわれ、脱毛を加速させてしまいます。このDHTを抑制することが脱毛を抑制することにつながるといわれています。しかしたばこを吸う人は吸わない人に比べるとDHTが13%も増加することが実験で分かっています。そのため喫煙することは薄毛になりやすくなります。

またもう一つの理由として、たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ動脈硬化を起こす働きがあります。血管が収縮してしまうと血管がその分細くなってしまいます。体の末端となる髪に必要な栄養素が行き届きにくくなり、髪が思うように成長できなくなってしまいます。またそれだけでなく、ニコチンは胃腸の働きも低下させてしまいます。必要な栄養素を吸収する力を低下させてしまうため、さらに髪に栄養が行き届きにくくなります。