AGAと食事

私たちの体は毎日の食事で摂取する栄養素によって形成されています。そのため体にいいものをバランスよく摂取することで、健康的な体を維持することができます。しかし食生活で好きな物ばかり食べて偏食になってしまうと体の負担になってしまう可能性があります。食事内容によって頭皮の環境が変わることや必要な栄養素が行き届かない場合もあり、結果AGAへとつながっている人も多いです。特に若い世代の人は食生活が乱れやすく、栄養バランスが偏っているために薄毛になりやすいといわれています。そこでAGAの対策として食生活をどのような形で見直せばいいのでしょうか。

まず髪のもととなるたんぱく質を摂取することです。髪の毛はケラチンというたんぱく質で形成されています。たんぱく質なら何でもいいというわけではなく、良質なものをバランスよく摂取しなくてはいけません。大豆などに含まれる植物性タンパク質と肉などに含まれる動物たんぱく質の両方をとりすぎない程度に摂取しましょう。

そしてもう一つは頭皮に影響を与えるビタミンを積極的に取り入れましょう。頭皮に皮脂がたまりすぎると毛穴を詰まらせ髪が成長しにくくなります。ビタミンB6は頭皮の皮脂の過剰分泌を抑える働きがあり頭皮の環境を整えてくれます。そのほかにも亜鉛や鉄分に含まれるミネラルは体の栄養素を吸収させる働きがあり髪の保湿効果もあります。これらの食品を積極的に摂取していくことがおすすめです。