AGAと睡眠

私たちの体を健康に保つためには、睡眠を確保することはとても大事です。ただし一日の中でいつ寝てもいいというわけではありません。なぜなら私たちの体に必要な成長ホルモンが分泌される時間帯が決まっているからです。その時間帯に良質な睡眠をとることで私たちの体は回復し成長していきます。もし睡眠不足や不規則な生活をしていると、髪の成長に大きな影響があり薄毛になってしまいます。

それでは睡眠不足がなぜ薄毛につながるのでしょうか。私たちの体は一日動くことで疲労が蓄積しています。その疲労を回復するために行うのが睡眠です。そして細胞の成長が最も活発になるのは、成長ホルモンが分泌しているときです。成長ホルモンは起きているときよりも寝ているときのほうが、圧倒的に分泌量が高まります。そのため成長ホルモンの分泌量が増える夜10時から夜中の2時に良質な睡眠をとることが髪の成長にもつながります。

特に成長ホルモンは綿地たちが生きていく中で必要な内臓や筋肉などを優先的に回復させ成長させていきます。髪は体の末端にあるもので最悪なくてもいいものなので、優先順位から外れています。そのため良質な睡眠をしっかり確保しなければ、成長ホルモン分泌が不十分となり髪を育てることができなくなります。睡眠が不規則な人は成長ホルモンの分泌する時間帯にはしっかり睡眠を確保しましょう。

AGAと喫煙

毎日の生活習慣の中で体に悪いものだと思っていてもやめられないものもあります。その一つとして挙げられているのがたばこです。たばこは私たちの体に悪影響を与えていると誰もがわかっています。体の内臓などに悪影響をもたらすイメージが強いですが、実はAGAとも深い関係があります。そのためAGAを予防するためには禁煙をすることがおすすめです。

AGAの原因としてよく問題となるのがDHTという成分の抑制です。このDHTが発毛を抑制する成分といわれ、脱毛を加速させてしまいます。このDHTを抑制することが脱毛を抑制することにつながるといわれています。しかしたばこを吸う人は吸わない人に比べるとDHTが13%も増加することが実験で分かっています。そのため喫煙することは薄毛になりやすくなります。

またもう一つの理由として、たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ動脈硬化を起こす働きがあります。血管が収縮してしまうと血管がその分細くなってしまいます。体の末端となる髪に必要な栄養素が行き届きにくくなり、髪が思うように成長できなくなってしまいます。またそれだけでなく、ニコチンは胃腸の働きも低下させてしまいます。必要な栄養素を吸収する力を低下させてしまうため、さらに髪に栄養が行き届きにくくなります。

AGAと食事

私たちの体は毎日の食事で摂取する栄養素によって形成されています。そのため体にいいものをバランスよく摂取することで、健康的な体を維持することができます。しかし食生活で好きな物ばかり食べて偏食になってしまうと体の負担になってしまう可能性があります。食事内容によって頭皮の環境が変わることや必要な栄養素が行き届かない場合もあり、結果AGAへとつながっている人も多いです。特に若い世代の人は食生活が乱れやすく、栄養バランスが偏っているために薄毛になりやすいといわれています。そこでAGAの対策として食生活をどのような形で見直せばいいのでしょうか。

まず髪のもととなるたんぱく質を摂取することです。髪の毛はケラチンというたんぱく質で形成されています。たんぱく質なら何でもいいというわけではなく、良質なものをバランスよく摂取しなくてはいけません。大豆などに含まれる植物性タンパク質と肉などに含まれる動物たんぱく質の両方をとりすぎない程度に摂取しましょう。

そしてもう一つは頭皮に影響を与えるビタミンを積極的に取り入れましょう。頭皮に皮脂がたまりすぎると毛穴を詰まらせ髪が成長しにくくなります。ビタミンB6は頭皮の皮脂の過剰分泌を抑える働きがあり頭皮の環境を整えてくれます。そのほかにも亜鉛や鉄分に含まれるミネラルは体の栄養素を吸収させる働きがあり髪の保湿効果もあります。これらの食品を積極的に摂取していくことがおすすめです。

AGAを防止

薄毛の悩みというと男性のほうが多いといわれています。それは男性のほうがAGAになりやすいからです。AGAとは男性型脱毛症のことをさし、男性の薄毛の多くはAGAによるものといわれています。そのためAGAの対策をとることが薄毛を防止することにつながります。

AGAになってしまう要因として、男性ホルモンの影響、ストレス、遺伝、生活習慣が関係しているといわれています。なかでの生活習慣は人によって大きく異なり、薄毛を加速させている可能性があります。そのため日常生活の中でも、何がAGAの防止として正すべきなのかを知っておく必要があります。理由などが明確であれば、生活習慣を改善することでAGAの進行を抑えることにつながります。
私たちの体は毎日とる食事で必要な栄養素を確保しています。そのため摂取する内容によって、体にいいものもあれば悪影響を与えてしまうものもあります。その食品がわかるだけでも食生活を大きく変えることになります。

そのほかにも睡眠は寝る時間や質によって体に与える影響が異なります。疲労している体の回復させるために必要なものであり、体の成長を促すものでもあります。 
そのために効果的な睡眠をとることで髪への影響も異なります。またストレスに関しても蓄積してしまうことで自律神経に悪影響を与え、ホルモンを乱すことにもつながります。ストレスで薄毛になるメカニズムを知ることで、なるべくストレスをためないよう心掛け、上手に解消できるようにすることでAGAの進行を防止することにつながります。

薄毛の悩みというのはなかなか人に相談できないかもしれません。
しかし、正しい知識を得れば予防や対策につながります。
場合によっては専門の機関への相談も視野に入れながら、生活習慣の見直し・改善を行っていきましょう。